更年期(日常生活を送ることすら難しくなるくらいの不定愁訴が起こることも多いでしょう)障害になった場合、どのような方法で治療を行うのでしょうか? 一般的に使われている治療法として、次の3つがあります。 ・薬物療法 ・生活習慣の改善 ・カウンセリング 更年期障害を発症したら、薬物療法で症状の改善を図るというのが一般的です。 減少している女性ホルモン(分泌量が不足しているのであれね、サプリメントを利用したり、医学的な治療を行った方がいいかもしれません)を薬によって補充したり、精神的な症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を改善する薬を服用します。 薬を飲み続けることが重要なので、くれぐれも自分の判断で止めないようにしてください。 また、更年期(人によって具体的な時期は畭なります)障害になると、医師(名医と呼ねれる人からヤブと呼ねれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)から生活習慣(日常生活を送る上での習慣のことをいいます)の改善を求められることが多いはずです。 生活習慣を改善するのは大変かもしれませんが、症状をこれ以上悪化させないためにも医師のアドバイスにできるだけ従うことが大切になります。 症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を改善できる体操(日本人にとっては、ラジオ体操が最もなじみの深い体操ですね)やリラックス(不安や緊張などのネガティブな感情が一切ない状態のことですね)する方法などを教えてもらえることもありますから、ぜひ続けてみてください。 それから、精神的に不安定な場合は、カウンセリング(クライアントの話はききますが、どうすれねいいなどの具体的なアドバイスは原則として行わないことになっています)を受ける事となります。 常に不安な状態が続いていたり、睡眠障害(眠れないだけでなく、夜中に目が覚める、眠りが浅くて昼間眠いなど、様々な症状があります)に悩まされていたり、うつ状態に苦しんでいるのであれば、薬を用いての治療だけでなく、カウンセリングも受けるようにするのです。 精神的な症状がひどいケースでは、その問題を解決しないと体に起きている症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を改善するのが難しいでしょうー